ずぼらなtwelvewitnessesが5年間の一人暮らしでたどり着いた紙コップ作り&暮らし方

ずぼらなtwelvewitnessesが5年間の一人暮らしでたどり着いた紙コップ作り&暮らし方

顎の整形手術について

投稿日:


顎は整形外科でも整形できます。そして、綺麗になりたいから整形に興味を持っている方もいらっしゃるようです。全身麻酔の後、顎の形成手術を開始します。全身麻酔はリスクが高いため、クリニックを選ぶときは、設備の整った麻酔センターを探してください。麻酔は、良い医師が適切にフォローしている限り問題ではありません。形を整えながら、あごの余分な骨をカットします。顎の形成手術は1日1人に制限されており、X線で確認しながら慎重に手術を行う必要があります。手術時間は約6時間、長時間の手術ですが、丁寧に行えば出血はほとんどありません。手術後は少し退屈かもしれませんが、心配するほどの痛みではありません。術後しばらくはあごの腫れがひきませんが、約1ヶ月で70%の腫れがなくなり、その前に強い腫れもおさまります。クリニックでの手術内容にもよりますが、術後2週間程度はシャワーを浴びることができません。温かいシャワーで締めくくりましょう。術後しばらくは、病院で処方された消毒液で歯を磨いてください。市販のペパーミントパウダーにはシミが多く含まれています。顎の整形手術から2週間後、フロスを口から外すことができます。糸が抜けるまでおかゆなどやわらかいものを食べて、2週間ほど仕事を休んでください。あごの整形はそんなに簡単ではありません。顎の整形が本当に必要なのか、よく考えてから施術を行いたいと思います。モリンガクレンズ

error: Content is protected !!